OVER THE BORDER

PROJECT
STORY 01

8万冊の歴史的手書き文献を、時の劣化から守れ。
バチカン図書館のデジタルアーカイブ化に挑む。

2014年3月20日、NTTデータはバチカン図書館と人類の歴史的遺産ともいえる手書き文献を電子化し保存・継承していくデジタルアーカイブ化について初期契約を締結した。同館には2世紀から20世紀にかけて書き残された約8万冊の手書き文献が残されている。初期契約ではこのうち約3,000冊を対象とするが、将来的には約8万冊すべてのデジタル化を目指す。

MISSION

IT × 人類歴史遺産と文化の継承

バチカン図書館内部の様子

バチカン図書館は1448年にローマ教皇ニコラウス5世により設立された世界最古の図書館の一つで、人類の遺産ともいうべき歴史的図書を多数所蔵している。なかでも貴重なのは、マニュスクリプトと呼ばれる一点ものの手書き文献である。羊皮紙やパピルスに書かれたもの、金銀によって装飾が施されたものなどがあり、厳重な保存管理下に置かれてきた。だが、年月の経過とともに劣化が進み、このままではいずれ解読不可能となることが危惧されていた。バチカン図書館ではボランティアの力を借りて長期保存プロジェクトを進めていたが、主体がボランティアではどうしてもスピード感に欠けてしまい、継続的なプロジェクトにならないという課題を抱えていた。

こうした状況の中、2012年秋にバチカン図書館側からNTTデータに対して、デジタルアーカイブ化への協力について打診があった。貴重な文献やコレクションを長期保存するとともに、研究資材として広く世界に公開したいという要望だった。NTTデータでは、日本の国立国会図書館のコンテンツ約200万件を扱うデジタルアーカイブシステムを構築しており、関連するデータは約7,000万件にものぼる。また、この大規模システムの構築経験をもとにしてデジタルアーカイブサービス「AMLAD(アムラッド)」を開発、すでにサービスを提供していた。こうした実績をバチカン図書館が高く評価し、今回の打診に至ったのである。

バチカン図書館に実際に所蔵されている書物(例)

NTTデータでは、人類の歴史的遺産を後世に引き継ぐ崇高な事業であることに敬意を表し、本格的な契約交渉を始めることにした。ところが、文化・慣習の違いから交渉は初期から難航してしまう。一番決定的だったのは費用に関しての認識の違いである。基本的にバチカン市国は寄付によって成り立っているため、今回のバチカン図書館の事業に関しても費用の支払いを要する契約を締結するという概念がそもそもなかった。そこで、NTTデータはこれまでのボランティアベースでは継続的な取り組みが困難であるという課題を解決するため、ビジネスモデルの提案から開始することにした。バチカン図書館がデジタルアーカイブ化のための専用基金を設立して寄付を募り、そこから事業にかかる費用を充当するビジネスモデルである。この提案はバチカン側にも受入られ、これにより本プロジェクト費用の支払いを可能とするとともに、継続的にプロジェクトを推進する仕組みを構築することができた。そして2014年3月、バチカン図書館で調印式とプレスカンファレンスが行われ、プロジェクトは開発へとステージを移す。

調印式を終えたバチカン図書館のブルーゲス記録・図書担当大司教と岩本社長

1582(天正10)年に天正遣欧使節団として九州からローマへ渡った4人の少年は、1590(天正18)年に帰国しグーテンベルクの印刷機を持ち帰る。日本語書物の活版印刷の起源である。400年の時を経て、今度はNTTデータがデジタルアーカイブ技術を用いてバチカンに貢献することになった。時空を超えた壮大な歴史物語が、今また動き出している。

ここでは、開発統括(プロジェクトマネージャー)を務める杉野博史、現地に駐在してプロジェクト遂行を担う開発担当の高橋由香、営業担当として契約締結に奔走した森本雄の3人に、それぞれの立場から感じたプロジェクトの意義、醍醐味について語ってもらう。

PROJECT MOVIE

〔リンク〕
2014年6月、バチカン図書館が提供するWebサイトにて、一部文献の画像データの公開が始まっている。

PROJECT FORMATION

※提案時の体制

PROJECT MEMBER

開発統括

杉野 博史

杉野 博史

公共システム事業本部

工学研究科 原子核工学専攻修了。1990年卒。プロジェクトマネージャーおよびアーキテクト(システム設計に関わる技術者)として、公共システム事業分野で数々のシステム提案及び開発を手がけてきた。

このメンバーのインタビュー

開発担当

高橋 由香

高橋 由香

NTTデータ イタリア出向中。

情報学研究科 社会情報学専攻修了。2006年入社。公共システム事業本部に配属となり、国立国会図書館デジタルデポジットシステム開発、AMLAD開発を手がけた。2014年からNTTデータ イタリアに出向し、現地の電子化チームのリーダーとしてバチカンプロジェクトを遂行している。

このメンバーのインタビュー

営業担当

森本 雄

森本 雄

公共システム事業本部

環境情報学部 環境情報学科卒業。2007年入社。公共システム事業本部に配属となり、開発業務に従事。入社2年目に営業担当へ異動し、省庁営業を経て2012年からバチカンプロジェクトを担当。現在はAMLADを用いた海外ビジネスの企画を担当している。

このメンバーのインタビュー

※掲載内容は取材当時のものです

PAGE TOP